犬のしつけ・訓練・トレーニング



2004年12月11日

絆創膏は貼ってはいけません。

べべ01
(痛かったです。)

避妊手術後乳腺炎(?)がなかなか治らなかった子のその後の経過です。
いったん腫れが引いたのですが、その後ぷにょぷにょとしたふくらみになっていました。
中にお水がたまったような感じです。
それが破れてしまったらしく結構ひどい傷ができてしまいました。
本人が気にして舐めてばかりいるのでなかなか傷口がふさがりません。

そこで絆創膏を貼ってしまいました。
実によくくっついて傷口を保護したのは良かったです。
が、しかし、でも!はがせない!!!!
無理にはがそうとするとものすご〜〜〜〜〜く痛がります。
(当たり前ですよね。反省)
四苦八苦してやっとの思いではがしました。
もう二度と絆創膏ははりません。ごめんなさい。
わんこに絆創膏は絶対貼ってはいけませんです。

ほかのペット関係のブログを見る
posted by wanko at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

避妊手術の危険性

我が家のわんこ(5頭)はみんな女の子です。
将来の病気(子宮蓄膿症や子宮ガンなど)が心配なので避妊手術をすることにしています。年齢的に5頭のうち3頭が手術をすませました。手術をした時期は最初のシーズンが終わってから次のシーズンまでの間です。
が、これが結構いろいろ問題がありました。

なんともなかったのは1頭だけ。

ひとりの子は縫合した糸にアレルギーを起こして
おなかが糸のかたちにぼこっとしこりが出来てしまいました。
幸い3ヶ月ほどしたら無くなっていきましたが、
それまでとても心配でした。本当にひどかったです。
痛がったり、痒がったりはしていませんでしたが
おなかがぼこぼこになってかわいそうでした。
しかも、手術が原因なのにその治療費まで請求されました。
なんだか納得いきませんでした。

もうひとりの子は手術をした一週間後くらいから
乳腺炎になってしまいました。
避妊手術をしたのになぜ???
獣医さんが言うには、ホルモンバランスが崩れたからだとかですが
そうならないように手術したのに…ちょっと後悔しました。

病気予防にと思って避妊手術をしたのですが、
本当にこの子達のためになっているのだろうかと
心が痛いです。

あと2人(この子達はまだ3ヶ月です)の手術はどうしようかと
迷うところです。
いろいろ避妊手術について記載されているサイトを見ましたが
このようなことになった経験は見当たりませんでした。
うちの子の例は特別なんでしょうか?

ほかのペット関係のブログを見る
posted by wanko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。